倉庫管理システム(WMS)

WMS(Warehouse Management System)とは?

WMSとは、Warehouse Management Systemの略で、日本では「倉庫管理システム」とも呼ばれます。
倉庫への商品、資材等の入出庫管理、在庫管理、棚卸や各種帳票出力、データ連携などの基本機能を提供し、お客様の業務内容に基づき、カスタマイズすることも可能です。その他、倉庫内の労務管理、作業工程管理から、入荷、検品、ピッキング、梱包、出荷の一連の庫内作業を効率化できる等、物流業務を適正化することで、コストの見える化、適正な物流を可能といたします。 近年、アマゾンを筆頭にECサイトの台頭で、自社の物流センターの構築が競合優位性を生むための重要な経営戦略となっています。

WMS for Standard

インフォグラフィック

WMS機能一覧

  • 入庫管理
    1. 入庫処理全般のシステム
  • 出庫管理
    1. 出庫処理全般のシステム
  • 在庫管理
    1. 在庫管理全般のシステム
  • 棚卸管理
    1. 棚卸業務全般のシステム
  • 各種データ管理
    1. 業務系マスタ管理
    2. システム系マスタ管理
    3. 日次/月次処理
    4. 各種データ連携(CSV/API連携等)
  • オプション
    1. HT(ハンディターミナル)
    2. 荷札(送状)・同梱明細ラベル発行
    3. 各種帳票出力
    4. 作業実績
    5. カスタマイズ